トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

SEV

以下の文章はSEVのHPからの抜粋です。

SEVに関する凄いコメントが掲載されたので、
ココで一部紹介いたします。

CAR GRAPHIC USED CAR GUIDE
2006年 3月号(Vol,64)
二玄社発行
66~69ページ(カラー4ページ)

『チューンドエンジンエンジン以上の滑らかさがあり、
パワーの出方はそれよりも遥かに洗練され静寂でもある。
コレが中身をバラさず、外付けパーツだけで行っている事は信じがたい、』
        【笹目二郎氏によるコメント】

祝!10,000㌔

本日、走行距離が10,000㌔を超えました。

写真は椿ラインで9,999㌔を迎えたところです。200604291558000

エンジンもミッションも足もアタリが付いてええ感じ。

SEV効果もかなり出てます。

>Tommy氏

スマン。今度は是非一緒に行こう。

2006年4月28日 (金)

シェービング

毎朝カミソリで髭を剃る私ですが、皆さん泡とジェルどっち派ですか?両方試したけど、泡の方がよく剃れて、肌もいい感じ。ちなみにカミソリはシッククワトロです。

2006年4月27日 (木)

辛口…甘口…

モータージャーナリストなんてこんなもんやね。

チョイ乗りで記事にするのはスゴイけど…。

似たような商売してるけど、彼らは楽なもんや。

http://autos.goo.ne.jp/impression/1384/index.html

2006年4月24日 (月)

今日は

今日は

更新意欲満々です。コンビニでこんなん見付けたんやけど、もう古いネタ?味はいけとるけど、ネタが切れてな〜い(T_T)

でか

でか

ただいま、某SAで休憩中。隣にBMWの550(珍しいグレード?)が停まっとんやけどタイヤでけ〜!245/40/18やって。高級車はいろんなとこに金かかるね。パンクしたら泣くに泣けんわ。わしは当面80でいって、最後は195/45/15やな。

ETC

はじめはETCなんていらないと思ったけど、割引あるし、本体安くなったし物欲モード全開です。今日車で出張やし、帰りに買って帰ろうかな(^O^)/果たしてGWまでに使えるんだろうか?

コンパクト

コンパクト

外環のパーキングでマティスと並んでみました。ちっちゃい車万歳!!

2006年4月22日 (土)

快調panda

昨日は仕事が休みだったので、truccoまでpandaを引き取りにいってきました。

20日振りのpandaは快調そのもの。オイルパン、オイルストレーナーを交換した関係で

オイルもエレメントも新品!エンジンもシュンシュン回ります。

心配だった足回りも問題なし。手放しで高速走ってもヨレません。Pa0422

で、今朝は朝日がまぶしくてAM5時に起床。pandaに乗りたくて仕方なかったので、来週

の仕事のロケハンも兼ねて川越へ。レンゲが目当てでしたが、ツクシの方がええ感じでした。0422tsukushi

これから寝ます。インディまでには起きなくては…。

2006年4月18日 (火)

パンダ

パンダ

今週末には直りそうです。仕事は順調に片付いているので、連休は走りまくりの予定です(o^o^o)

2006年4月15日 (土)

サブフレーム交換

pandaを預けている川口のtruccoで修理が始まりました。

今日はオイルパンとオイルを吸い上げるストレーナー、サブフレームの3点です。

Hn_1

Hn1

Hn2何とも痛ましい光景…。無事帰ってくることを祈ります。

2006年4月11日 (火)

シナノピッコロ

Photo_3 この写真はリンゴです。見て分かるか(汗)

今回の主役は左のリンゴです。

名前は「シナノピッコロ」と申します。

「ピッコロ」とはイタリア語で「小さい」を意味します。そうです、このリンゴは普通のリンゴに比べて小さいリンゴなのです。長野県の果樹試験場(須坂市)が「ゴールデンデリシャス」に「あかね」をかけあわせて作りました。甘さと酸味のバランスが良くておいしいです。

今年の冬あたりから農家さんでの栽培が始まったので、3年後くらいには、皆さんも食べることができるでしょう。

で、なんで小さいリンゴなのか?ずばり食べきれるサイズということです。リンゴは大きくておなかいっぱいという人が多いです。果物消費が減る中、多くに人にいっぱいリンゴをたべてらい、健康になってもらおうという狙いがあります。

日本では果物は「高級」「嗜好品」というイメージですが、欧米では水代わりに果物を食べる習慣があります。歩きながらリンゴを食べる光景はよくあります。よく映画でナイフでリンゴをそぎながら食べているシーンもありますよね。

決して彼らは格好つけて食べているわけではありません。水代わりに食べて、ついでに健康になるのです。

シナノピッコロが東京で販売されるかはわかりませんが(大量に生産して販売する性格のものではない)、長野県のお土産として売られるでしょう。このほか、学校給食や旅館やホテルでの利用が検討されています。

見かけたら、一度食べてみてください。

2006年4月10日 (月)

京都

土日で京都に花見に行ってきました。

Photo_2 昨年の今ごろに京都府美山町に仕事で行って以来の京都でした。

まあ、観光地なので仕方ないのですが、とにかく人が多い。平日に人ごみで仕事して、週末も人ごみだと、気が狂いそうになるのは私だけでしょうか?

さて、どの辺りに行ったかというと、土曜は蹴上インクライン、哲学の道、平安神宮辺りを家族で散策。

日曜は、家族と別行動で嵐山、天龍寺、京福電車の桜のトンネルKicx3748 、北野天満宮、京都御所と駆け足で回りました。北野天満宮から今出川まで調子こいて歩いたのはしんどかったです。

桜は丁度見ごろできれいでしたが、京都御所が今日まで一般公開だったのが何となく良かったです。あと、天龍寺の庭園は心が洗われました。Photo_1

某氏のベストセラー「国家の品格」にありましたが、日本は古いもの尊び、武士道を守ってきた国。日本人は季節の移り変わりにものの哀れを感じる国民であることを再認識した旅でありました。

2006年4月 3日 (月)

ヒラミレモン

またまたかんきつのお話です。

前回の「タロッコ」の写真の左上に小さなオレンジ色のかんきつが見えるの分かりますか?これは沖縄特産のシークワーサー(別名ヒラミレモン)というものです。

最近、がん予防にフラボノイド類のノビレチンやらヘスペリジンという成分が良い、と言われているやつです。皮が黄色いじゃないか?という人がいるかもしれませんが、完熟すれば果皮が青から橙色に変わるんです。温州ミカンや伊予カン、デコポンもみんな同じなのです。簡単に言えば、クロロフィル色素の緑が分解して、代わって橙色のカロテン?が現れるとみんなが知っているミカン色になるわけです。

でも、シークワーサーは完熟しても甘くありません。そういうものと言えばそれまでですが、酸味が減ってマイルドな感じです(それでも十分酸っぱい)。

そんなシークワーサーですが、最近は健康ブームや沖縄ブームで大人気。スーパーなどでも100%果汁が販売されていたりします。大手の居酒屋でもシークワーサーサワーがあるのを見たことがあります。

いっぱい消費が増えるのはよいことなのですが、実は最近、偽者が多く流通しているという問題が出ています。すっぱい果汁なら見分けはつかないだろうという思惑から、台湾に自生している「四季橘」(しききつ)というかんきつの果汁を混ぜて、シークワーサー100%と謳っている商品が多いのです。詳しくは書きませんが、沖縄の栽培面積に比べ、果汁の流通量が多いのです。

そこで国の研究機関は、果汁のDNAから真偽を確かめる技術を開発しました。ニセモノを取り締り、生産者も消費者も守ろうという取り組みです。地域の特産を利用して儲ける悪い人もいるのですね。

テスト

携帯からのテスト投稿でした(^O^)

2006年4月 2日 (日)

タロッコ

200603152116000 これ何だか知ってます?

グルメな皆さんならご存知のブラッドオレンジです。

日本語では「血ミカン」と言います。

品種は「タロッコニューセラー」。もともとはイタリアのシシリー島が原産ですが、

この写真の果実は愛媛県産です。

珍しさもありますが、この果実の特徴はかんきつで唯一アントシアニン色素を持っている

極めて健康に良い果実だということ。グレープフルーツのルビーの赤色はリコピン

という別の色素で気温が高ければたかいほど赤が出ます。

しかし、タロッコの赤は寒さにあたらないと出ない難しいものです。

シシリー島は平均気温が17度前後で暖かい半面、最低気温はマイナスにいくこともしばしば。この絶妙な気象条件が血のような色を生み出しているのです。

で、なぜ愛媛県産なのか?これは地球温暖化の中で、新しいかんきつの品種を探そうという取り組みの中から出てきたのです。50年前に比べ、平均気温が1度上がった愛媛県のかんきつ地帯。そうは言いながら、冬には雪が降ったりもします。そこに目をつけたのがブラッドオレンジだったのです。

まだ国産ブラッドオレンジはほとんど流通していませんが、これからどんどん増えることでしょう。カットフルーツやジュースで味わってくださいね。

トラブル

Hin_1   実は私、FIAT大好き人間だったりします。

これまで4台の車に乗ってきましたが、このうち3台はFIAT車です。

uno turbobarchettanew pandaと乗り継いできましたさて、このnew panda決して速くないし、全然広くない。

でも、運転していると楽しい車なんですわ。タイヤなんて155/80/13でっせ!

今時80扁平っていうのがすごいです。

たった1200ccのエンジンをデュアロジックと呼ばれるシーケンシャル

マニュアルミッション(基本はマニュアルシフトで、クラッチ操作を機械がやる)

を使って、一生懸命走らせるのが楽しいのなんの!昨年6月に新車購入してから

楽しんでおります。

こんな感じでpandaとの生活を満喫しておったのですが、1日未明に大変なトラブルに

見舞われました。

ちょうどわけあってタイヤを交換したばかりで、深夜に皮むきのドライブをした帰りのことです。道の真ん中に何やら白いものが…。まあ通れるだろと思ったら大間違い。道路工事に使うコンクリート建材でした。通り過ぎると同時にガガガガーッという音がしあっしは急停車。エンジンを止めて下を見るとオイルパンが激しくえぐれ、小便小僧のようにオイルが漏れ出してました。

何やコレ?と考えているところに、土建屋風のあんちゃんがひょっこり。「さっき積荷をおとしちゃって」だと。詳しく話を聞くと、トラックから落ちた建材を拾いにいったら、わしの車が来て乗っかったということらしい。相手は非を認め、全額修理代を出すということで念書をもらいひとます収拾したのでありました。

路上のKicx3638障害物を踏んだわしもアホやが、ちゃんと荷物くらい縛ってくれやい。まったく。

翌日下をのぞくと、オイルパン破損とバンパー下部の傷だけでなく、右のロアアームの一部も傷がいってました。修理はするけど、ちゃんと真っ直ぐ走るのかちょっと心配です。

新年度だっていうのに、えらい災難や。

祝!開設

今日からブログを開設してみることにしました。

内容は特に決めてません。

趣味の車やカメラの話、育児がらみの話、仕事のグチ、ライフワークのかんきつの話など、

思いついた内容を綴っていこうかと思うとります。

そのうち、写真企画的な内容も盛り込もうかなとも考えてます。

よろしく。

トップページ | 2006年5月 »